黄色い線

オリンピックイヤーを迎えて、まちなかはいよいよインバウンドを意識した動きが目立つようになってきました。

神戸でも、市営地下鉄で駅構内のアナウンスが英語とのバイリンガルになりましたね。

ホームで「黄色い線の内側で」お待ちくださいという部分、

Stand behind the yellow textured line.

ひと昔前、JR東日本では、シンプルに

Inside the yellow line

と言っていましたが、翻訳が「より正確に」なってきたのでしょうか、小田急(箱根登山鉄道)では

Inside the yellow tactile pavings

これってちょっとやりすぎと感じるのは私だけでしょうか…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com ホスティング.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。